テスタロッサ製作記 その155


サフ吹いて塗装までしたけどパーツ表面が荒いのが気になって
もう一度表面を研磨

他のパーツもそうだったけどこのパーツの材質が本当に厄介
サフ吹くと毛羽立ってくるから、表面をサフで固めて
その塗膜のみをヤスリがけしないと綺麗な表面が得られない
スポンサーサイト

テスタロッサ製作記 その154


ヘッドライトのパーツ
左のパーツは表面が綺麗な状態なのに




左側は表面がガタガタw
なんでこんなに違うんだろう?
包まれていたビニールの可塑剤とかで表面が溶けたのかな??
とか思っていたのですが



研磨してみると金属パーツそのものがガタガタw
なんでこんな鋳造ミスみたいなのが製品になってるんだ
とりあえずきれいに研磨しておきます
どうせすべて再塗装するから大きな問題じゃないか



小物パーツを整形
今回はエンジンフードの開閉パーツとワイパー周り
普通のプラなら10分くらいで成形が終わる量なのですが
硬くて粘りがある樹脂で成形されているので
たったこれだけのパーツを整形するのに2時間ぐらいかかってます

加工しづらいけど強度確保のためにはこういう素材になるのは仕方がないのかなぁ?

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

テスタロッサ製作記 その153


ドアの後ろの窓ガラスのパーツです
表面が微妙にデコボコしていて透明感がイマイチなので
研磨してやることにします



2000番の紙ヤスリで研磨した後、コンパウンドをかけました
左が研磨した後で、右が研磨する前です
左はライトがクッキリ反射してるのがわかりますか??



両方とも研磨しました
パーツが大きいと研磨が楽ですね!

テスタロッサ製作記 その152


エンジンフードのパーツを整形していきます
このパーツは押し出しピン跡と金型のバリが盛大に残っているので
この部分を削っていきます



400番の紙やすりで研磨してみましたが
金属が結構硬く(あたりまえか)
思ったように削れません



結局180番の紙やすりでガシガシ削ってやりました



こちらはかなり押し出しピン跡が大きかったため
リューターを引っ張り出して削りました
やっぱり電動ツールの力は偉大です



リューターでの荒削りが終わった後は
紙やすりできれいにしておきます



パーツ表面やフチもきれいに整形して
エンジンフードの下処理は終了です

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

テスタロッサ製作記 その151


ボンネットのパーツを整形していきます



このキットは金属パーツのフチがこんな感じにガタガタになっているので
研磨してなだらかにしてやる必要があります



塗装も分厚く吹き付けられているので
こんな感じに塗料がたまってしまっています
ここも研磨してやります



ひたすら研磨して表面を平滑にしてやりました

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

醤油皿

Author:醤油皿
カーモデルをメインに何でも作る雑食モデラーの製作記です

ホームページはこちら
醤油皿のHP
メールはこちらに
醤油皿

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
直感カテゴリーツリーV2
ブロとも一覧
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる